foodnews>MESSAGE FROM KOBE

魅力ある街づくりをめざして



震災10年 神戸からの発信

スタジオを設立して3年目に阪神大震災に遭遇。自宅は半壊、三軒前で火事が止まり、その場所は焼け野原となりその火事を六甲小学校から呆然と見ていた。
避難所となった六甲小学校では、おにぎりを作りながらはじめて会う近所の方といろんなお話しをしました。

 

普段は挨拶程度だった私ですが、震災を通じてご近所の方と以前より親しくなりました。

 

皆さんになぐさめられ、励ましあって過ごしました。

通りすがりの知らない人でも声かけあって、なぜか温かい空気が漂っていました。

 

人と人とのつながりこそが、いざという時お互い助け合うことができるのでは
ないかと、ひしひしと感じました。

 

そして、家庭料理、おふくろの味を教える。一見、地味で平凡な教室の方針が間違っていないと確信できたのも、震災を受けて一番大事なものは何か、こうした問いをつきつけられた結果なのだと思う。

 

発泡スチロールのお弁当を食べている被災者の人達を見て、早く家で普通の食事と団欒が出来るようにと祈った。



地に足が着いた生活

健康で心地よい地に足が着いた生活が今ほど求められている時代はありません。

核家族などで子育てに悩む主婦が増えています。

 

私は食の見地より料理教室を通じて、成人病予防のためのメニュー提案、赤ちゃんからお年寄りのための食育など栄養士の立場から活動を続けてきました。又、神戸ならでは楽しめる食の健康で快適な生活作り、
六甲ヘルシーライフスタイルを提案。

 

スローフードの活動として食育の神戸モデルを発信をして子育てを応援します。

これからは、子供たちに食育活動として料理を通じて自立を目指す食育イベントも計画しています。

 

又、外国人のお客様に神戸の食の魅力を発信したり、神戸の観光客にあたたかいおもてなしとして料理体験レッスンや神戸の持つ魅力を感じていただき、地産地消のお店なども紹介していきたいと思います。


★神戸観光のお目当てはお料理レッスン!

 

新しい楽しみを発見!在日外国人マダムが教える、観光ついでに寄り道体験レッスン。

=============================================

  本場の先生に習う韓国家庭料理&インド家庭料理 

=============================================

 

講師  李 先生

   マニシャ先生  

 

日時:第4(土)PM10:30-
    第4(土)PM2:00-
受講料:¥5000

神戸の外国人マダムマニシャさんに習うインド家庭料理

 


MENU
Nau or Rice 手作りナン、ライス
Samosa サモサ
Chick-Pea Curry  豆のカレー
Yogult lassi  ラッシー
Salad サラダ

=============================================

★10月3日はKOBE観光の日 神戸流おもてなし料理を習う。
=============================================

  日時:10月3日
  受講料:¥4000(2人で¥7000)

  MENU:
ヴィシソワーズ
神戸ビーフステーキ(100g)
スモークサーモンサラダ
そばめし
神戸ワイン(グラス赤)

 

====================================
★Let’s try Japanese Kobe style cooking! 
====================================
   
食の国際交流  1day lesson.

・ KOBE Beef steak
・ Smoked salmonSalada
・ Sobameshi &Sushi Roll
・ Kobe wine(grass red)

FEE:¥3500



お問い合わせ

ご予約またはお問合せは、

ご予約・お問合せ

またはお電話でお願いいたします。

携帯「090-8367-6130」、お電話「 078-802-4199」(10:30~12:00 19:00~21:00)
留守番電話になることがありますので、その際はお名前を残していただければ幸いです。


関連TOPICS: